今年10月、日本全国から選りすぐりの
ストリートアーティストが淡路島に集結!

「古事記」のAwaji Art Circus バージョン!
アマテラス、スサノオ、ツクヨミの三貴神のストーリーを魅せるパフォーマンスを披露します。

予測不能なショーにハラハラドキドキが止まらない!

世界トップレベルのアーティストらが、息を呑むアクロバットやトリッキング、
フリースタイルダンスやブレイクダンス、ダブルダッチや新体操等をお見せし、
美、感動、ユーモア、そしてストリートサーカスのエネルギー・パワーをお届けします。

「ストリートパフォーマンスの心髄」×「劇場の空間」、「伝統」×「モダン」。
史上初のユニークなショーをお楽しみください。

日 程
2021年10月16日(土)~24日(日)
※10月21日(木)休館日
14:00 開演(13:30開場)
会 場
青海波 -Seikaiha-(劇場 波乗亭)
https://awaji-seikaiha.com/
料 金
一般:2000円(税込)
中学生・高校生:500円(税込)
小学生以下:無料
チケット購入・予約
青海波  Tel 0799-70-9020
Web予約

※チケット予約のみも可(劇場の受付でお支払いいただけます)

イープラス
Web予約

※購入のみとなります。予約のみはできません。

icancaカードのご利用で20%~30%の島民割あり!

※予約のみしていただき、受付でカードを提示して割引後の金額をお支払いください。
(平日1,400円/350円、土日1,600円/400円)

詳しくはこちら
アクセス
兵庫県淡路市野島大川70

[お車]神戸淡路鳴門自動車道 淡路ICより約10分

[電車]JR明石駅よりのりかえ 淡路ジェノバラインで約15分
岩屋港より無料シャトルバスで約20分

※駐車場台数に限りがありますので、できるだけ. 公共交通機関とシャトルバスをご利用ください。

詳しくはこちら
お問い合わせ
青海波 -Seikaiha-
https://awaji-seikaiha.com/
Tel 0799-70-9020
(11:00 - 21:00 ※木曜日定休)

出演アーティスト

Herosan

ハンドバランス、体操

Herosanは、世界的に有名な日本のストリートパフォーマー。
アクロバット、ブレークダンス、体操の分野で25年の経験を誇り、これまでに85ヶ国で一見不可能なトリックを披露してきました。
美しくもおかしくもある独自のスタイルを駆使して観客を・・・力技でうっとりさせ、この世のものとは思えないアクロバランスで虜にし、箸ジャグリングでアッと言わせ、コメディ・ピエロのパフォーマンスで巻き込みます!!

動画を見る

Falcon

パントマイム・ジャグリング・マジック

幼少期に目にしたプロのアーティスト達に影響を受け、4歳頃より、マジックやパントマイムの動きなどに興味を持つ。
7歳の頃、人を笑顔にしたいという思いを胸にパフォーマンスデビュー。
以後、世界で活躍しているアーティスト達を目標にジャグリングやパントマイムの技術等を習得する。
現在はタップ等の舞台経験も積み、ダンサーとしての活動の幅も広げながら、映画「海辺の映画館-キネマの玉手箱-」(大林宣彦監督作品)などテーマパークやTVCM等にも出演している。

動画を見る

目黒 宏次郎

体操、ハンドバランス

1996年生まれ、神奈川県出身。18歳で沢入国際サーカス学校に入学、4年間身体訓練に励む。卒業後は自身で創作したオブジェや鉄パイプを用いた個性的な世界観を醸し出すパフォーマンスで、関東を拠点にサーカスアクターとして活動。国際現代サーカス交流プロジェクト『Air/エアー』ほか、ながめくらしつや瀬戸内サーカスファクトリーが手掛けた創作サーカス公演に多数出演。「ふくやま国際大道芸2021グランプリ」優勝及びドイツ特別賞・イギリス特別賞受賞。

トリッキング、ムーブメントアート

2001年東京生まれ。中学生の頃にYouTubeでトリッキングに出会い独学で練習を始め、2016年には全国大会のジュニアチャンピオンに輝く。トリッカーとして成長する中で、動きの本質や芸術、表現に興味を持ち、2020年頃からムーブメントアーティストとして活動し始める。新しい身体表現、アートの形を日々追求し、SNSなどを通して発信している。その他にもONE OK ROCK、センチミリメンタルなど様々なアーティストのMVやLIVEにも出演している。

動画を見る

Tomonori Muraoka

マーシャルアーツ、アクロバット

ジャパンアクションエンタープライズ出身。2018年には、世界最大の豪華客船「シンフォニー・オブ・ザ・シーズ(ロイヤルカリビアンインターナショナル社)」のウォーターショーで主演を務め、地中海とカリブ海を周る8ヶ月間の旅を経て帰国。2019年、ラスベガスで開催されたサーカスの国際大会「VIVAFEST」に出場し、ソロアクト9位入賞。2020年には、世界最高峰のサーカス「シルク・ドゥ・ソレイユ」から、ラスベガスのショー出演のオファーを受ける実力派。パフォーマンス以外にも、ジャニーズJr.の舞台でアクロバットコーディネーターを務めるほか、墨絵ライブペイント・衣装制作・映像製作など、芸術観点から様々な作品作りも行っている。

動画を見る

木原萌花

バレエ、コンテンポラリーダンス

7歳でクラシックバレエを始め、18歳の時に公益財団法人スターダンサーズバレエ団に入団。バレエダンサーとしてキャリアを始める。 バレエ団退団後にヨーロッパに渡り、クロアチア国立劇場、スロベニア国立劇場などの公演に出演。 帰国後、より幅広い身体の可能性を追求するために平原慎太郎、山﨑広太、青木尚哉等のコンテンポラリーダンスプロジェクトに参加する。舞台公演の他にも、野外パフォーマンス、音楽家や衣装とのコラボレーション、音楽ライブ、ショートフィルムへの出演など、しなやかな身体性を活かした表現活動は多岐に渡っている。 また2019年よりスタートした自身の創作においても、踊りを通じて他者とコミュニケーションする方法を探りながら、振付作品の発表など活動を積み上げている。

Meriko

ポールアクロバットダンス、 新体操

女性の強さ、美しさを表現するポールダンスを心から愛し信じた故にストリートに持ち込むという世界でも例を見なかったジャンルを切り拓いた第一人者。高度なアクロバット技術を生かしアートへと昇華させた自身のダンスを『ポールアクロバットダンス』と名付け、 現在は日本全国、ヨーロッパ諸国、アメリカ、アジアでのアートフェスティバルや、サーカスショーの主演としても多くのオファーや招待を受け活動中。

動画 ① を見る
動画 ② を見る

SiMA

ヒューマンビートボックス

人間の口や喉から発した音で楽器や機械音、環境音などを再現し、様々な音を組み合わせながら多様な音表現を展開する技術、『Humanbeatbox(ヒューマンビートボックス)』とルーパー、エフェクターを駆使し、Liveloopingによって楽曲制作、演奏を行う。生み出される有機的なエレクトロミュージックは聴衆を異空間へと誘う。

動画を見る

KARAQRI

ダブルダッチ、アクロバット

人は身体1つでここまで魅せられるのか。2本ロープを自在に操るダブルダッチをメインにブレイクダンスやアクロバットなどを融合させたパフォーマンスは瞬き厳禁‼︎ 海外を渡り歩き、年齢、性別、国籍問わずストリートパフォーマンスで道ゆく人々を笑顔にしてきたパフォーマンスチーム「KARAQRI」。


TOP